1:2017/03/18(土) 12:52:54.92 ID:Dzupirvr.net
語らせてくれ

話は今からちょうど一年ほど前

俺のスペック

大学4年(22歳)
体型180㎝ガッチリ系
顔ゴリラ系

m5137
2:2017/03/18(土) 12:53:44.46 ID:gok3fAlZ.net
俺物語?
4:2017/03/18(土) 12:55:51.62 ID:Dzupirvr.net
>>2
俺物語だったらもっと若い女の子と触れあえる(´;ω;`)
3:2017/03/18(土) 12:55:13.12 ID:Dzupirvr.net
おい!来月から大学生になるそこの童/貞に一言先にいっておく!高校では彼女できなかったけど、大学なら出会い多そうだし彼女できるだろーなんて安易なこと思うなよ! 自分から行動起こさないと俺みたいに45歳のBBAで童/貞卒業なんていう恐ろしいことになるからな!
5:2017/03/18(土) 12:58:35.91 ID:Dzupirvr.net
まず出会いからだ!

 俺は高校生の時に誓ったことがある。それは何か..? そう大学で童/貞卒業だよ。もちろん人生初の彼女ができて、その彼女とセク□スして卒業ってのが一番美しいパターンなんだろうけど現実はそう甘くない。俺は大学四年間行動を起こせず結局卒業直前まで童/貞だった。
6:2017/03/18(土) 13:01:59.66 ID:Dzupirvr.net
そして3月..大学生最後の春休みにして人生最後の学生生活...もう素人で童/貞卒業は無理だと判断した俺は二つのある手段を考えた。一つは風/俗にいって素人童/貞になってもいいからセク□スをすること。
 もう一つは出/会/い/系で即刻やらしてくれそうな女の子を探すこと。まあこのどちらかに迫られたわけだ。
この時点で童/貞卒業を社会人に持ち込むことなど、当然俺の選択肢にはない。
7:2017/03/18(土) 13:02:12.59 ID:zqzuHmjL.net
ゴリラーマン?
9:2017/03/18(土) 13:02:52.66 ID:Dzupirvr.net
>>7
人間です(小声
11:2017/03/18(土) 13:06:19.67 ID:Dzupirvr.net
約四年間もの間、リアルで女の子と出会い童/貞処/女同士でラブラブエッ/チなんていう夢物語なんだって気づくのはあまりにも遅すぎたよ。
 今の俺はそう思う。でまあそんなわけで、俺は風/俗に行くか出/会/い/系で女の子を探すか迷ったあげく、出/会/い/系なら素人だから素人童/貞にはならないと判別しそっちで女の子を探す決断をした。
12:2017/03/18(土) 13:13:15.32 ID:Dzupirvr.net
んでまあ出/会/い/系アプリに登録してしばらくしたら、一人の女の子?からメッセージがきた。

女「はじめましてこんばんは。旦那とのレスでたまってるので、よかったら一緒に楽しみませんか?」

旦那持ちってのは正直怖かったが好奇心が勝ってしまった俺はとりあえず返信してみる

俺「どうもこんばんは。来月から社会人になる大学生で、22歳のものなんですが大丈夫でしょうか?」

女「いいですけど、私は35歳です。あなたこそ大丈夫?」

俺(35歳か...ちょっと悩む俺..)
13:2017/03/18(土) 13:18:34.25 ID:Dzupirvr.net
俺(ええい!この際しのごのいってられねぇ!)

俺「あ、全然問題ないです。年上が好きですから。」

女「そうなんだーよかった。今からだけど早速あってみない?」

俺「え?今からですか...?」(心の準備ができてない)

女「無理な大丈夫ですよ?」

俺「わかりました!今すぐ会いましょう」

すんでる場所は近かったので、二人のちょうど間くらいにある駅で待ち合わせをすることにした。お互い見た目の特徴とかを伝えた。
14:2017/03/18(土) 13:20:57.95 ID:qj/y+5oj.net
はよ
15:2017/03/18(土) 13:24:23.16 ID:lKvwW9m6.net
みてるよ~
16:2017/03/18(土) 13:27:45.36 ID:cTYwKL4H.net
羨ましい卒業できて
17:2017/03/18(土) 13:27:55.11 ID:Dzupirvr.net
とりあえず予定の時間より30分早く到着したが、ちょっと離れて相手を観察しようと考えた。理由は単純だ。俺に選ぶ権利がないことなど毛頭わかっちゃあいるが、やらずにはいられない。だってもしも俺以上のゴリラが来てしまったら地獄絵図になっちまう。
 ゴリラがゴリラを連れて足並み揃えて歩くなど考えただけで恐ろしい....

 とにかく平常をたまちながら少し離れて待ち合わせ場所付近を観察しながら待った。
18:2017/03/18(土) 13:29:16.16 ID:iWxp8Xuf.net
いいね
19:2017/03/18(土) 13:29:55.19 ID:spsXISs1.net
はよ
25:2017/03/18(土) 13:39:47.88 ID:Dzupirvr.net
>>18
>>19
ありがとうございます
20:2017/03/18(土) 13:32:18.92 ID:Dzupirvr.net
ゴリラ女が来た時にはいつでも逃げる心の準備はできていた。なぜかランニングシューズをはいてきた俺に敵はいない。
 予定の時間の5分くらい前になり、ある女性が目にとまった。

俺(特徴は身長165くらいで、赤いコートに....えーっと、あれか!教えてもらっていた服装と完全一致した)

髪の毛はロングで脚も長めでスタイルもよさそう。顔もぶっちゃけ美人だ。俺が近づいていいレベルでないとさえ思えた。
21:2017/03/18(土) 13:34:22.70 ID:cTYwKL4H.net
嫉妬で抜いていい?
28:2017/03/18(土) 13:40:39.21 ID:Dzupirvr.net
>>21
エ□描写ありますから(笑)
22:2017/03/18(土) 13:35:08.43 ID:Dzupirvr.net
が、想定外の美人が来てしまったために俺は近づいて声をかけることを恐れた。決してイケメンとは言ってないが、相手が俺の容姿に幻滅したらどうしようかと...

 考えれば考えるほど気持ち悪くなりその場で思わずゲロをはいた。

童/貞ボーイからしたら、それほどまでに追い詰められた瞬間だったであろう。
24:2017/03/18(土) 13:39:05.21 ID:Dzupirvr.net
勇気をふりしぼった。ガタガタになる足を俺はひとつひとつ前へ進めていく。今思えば、この時の勇気をもってしてなぜ大学で女友達とセク□スできなかったんだとさえ思える。
俺(がんばれ俺!がんばれ俺!)

近づいていくと目と目があってしまった....

俺(あ、き、気づかれたのか....?)

赤いコートの女がこちらへ近づいてくる

俺(え?え?やばい..)
その場で氷のようにカチコチに固まる俺
30:2017/03/18(土) 13:43:48.83 ID:Dzupirvr.net
女「あのぉ?もしかして俺くんですか?」

俺「は、はひぃ」思わず裏返る

女「はじめまして。じゃあいこっか。」

俺「は、ははい..」

俺(な、なんだこれは夢か..?)

やけにあっさりした出会いだが、それも不思議には思わない。俺にとってははじめての女だが、相手にとっては数ある中の一人だからだ。
32:2017/03/18(土) 13:49:34.79 ID:Dzupirvr.net
足並み揃えてホテル街に方へ向かう俺たち... ゴリラと美魔女....

女「身体がっしりしてますね。筋肉ありそうだし、そういう子好きだよ。」

俺「そ、そうなんですね..ハハハ あの、お姉さんもすごく美人ですね。びっくりしてます..」

女「えーありがとー。あと私ほんとは45歳なんだ。ごめんねー。」

俺(ふぁっ!?よ、よよ45!?!?..)

どうみても30歳くらいに見えるから更に驚いてしまった

いわく、文字でやりとりしてる段階では45歳と正直に言うと会える率がかなり下がるらしい。俺も45って言われたらさすがにあっていなかっただろう。
 だがもうそんなことはどうでもいい。この美魔女と今からやれる!そう思っただけでチ○コビンビン神だよ
36:2017/03/18(土) 13:55:30.32 ID:Dzupirvr.net
そして..遂にホテルに入った。なんとホテル代までお姉さんが出してくれるというまさかの待遇である。

部屋に入る直前緊張なのか、また気持ち悪くなり 俺はトイレにいき
お姉さんに部屋で少しまってもらうことにした。

俺「オェエエ」案の定吐いた...

22歳童/貞にとって女の人と二人きりで部屋であーんなことやこーんなことをすると想像しただけで、パンク寸前だ...

だが、今さら引き下がれない..
39:2017/03/18(土) 13:56:39.06 ID:DWvqNbH9.net
>>36
なぜ吐くw
おチ○ポギンギンでヤヴァイだろ普通
41:2017/03/18(土) 13:57:40.27 ID:Dzupirvr.net
>>39
チ○ポギンギンはギンギンでしたが、気持ち悪くなっちゃって
極度の緊張なのかな..
43:2017/03/18(土) 14:02:08.23 ID:Dzupirvr.net
トイレで吐きながら大学入学当初のことが頭から離れない...

こんな俺にも唯一話してくれる女子がいたんだ。出会いは入学式の後日にあるオリエンテーション的なやつだった。

シラバスを忘れた俺は教授の促しで隣の席に座ってる女の子にみしてもらっていた。
47:2017/03/18(土) 14:05:48.50 ID:Dzupirvr.net
オリエンテーション終わり

俺「あのぉすみません先程はシラバスみしていただいてありがとうございました。」

(*・ω・)「あ、いえ大丈夫ですよ」

俺「ほんとにありがとうございました!」

それがはじめての彼女との出会いだった。こんな女の子が彼女になったら幸せだろうなと思っていた..
48:2017/03/18(土) 14:08:36.36 ID:Dzupirvr.net
そして、とあるサークルの新入生歓迎会がきた..

俺「あ、あのときの?」

(*・ω・)「あ、どうもー」


彼女はそれ以来..大学ですれ違う度に俺に会釈をしてくれた。が、結局同じサークルに入ることはなく大した接点はなかった。

だが、3年にして奇跡は起こる..
52:2017/03/18(土) 14:13:02.07 ID:Dzupirvr.net
彼女と同じゼミになった。それから俺は彼女と連絡先も交換し、けっこうしゃべれるくらいの関係にはなった。

そして大学4年卒業も近い2月..
俺は彼女と二人で飯を食いにいくチャンスを掴んだ。

そして俺は飯を食いながら言ったった!!!

俺「頼む..やらせてくれ!大学生活最後!俺を男にしてくれ」


もう彼女の姿をみることは2度となかった..

こんなことがあっての今である
話を元に戻そう
俺は今ラブホのトイレにいる
124:2017/03/19(日) 02:14:35.83 ID:KReD0a1C.net
>>52
俺お前と友達になりたいわー。男らしすぎんだろ
54:2017/03/18(土) 14:14:14.73 ID:AuLRQ9a1.net
45歳がその彼女の母親だったのかと思ったらまったく関係なかった
57:2017/03/18(土) 14:17:05.20 ID:Dzupirvr.net
さぁ..いまから一世一代!俺の時代が! 吐いてスッキリした俺は完全に腹を決めた。よしいくぞぉおおおお!

部屋の前まで戻りドアを叩く
コンコンコン

俺「あ、俺です。」

女「あ、俺くんね。今開けるよー」

ドア「ガチャ」

俺「!!!!!!」

女「どうしたの?」

お姉さんおっぱ○乳/首ぜんかいのパンイチで出てきてしまった。

俺(これはエ□ゲーか...?)
60:2017/03/18(土) 14:20:41.07 ID:Dzupirvr.net
部屋に入ってドアをしめるなり、お姉さんは俺を急に抱き締めてきた。

女「そんなに緊張しなくていいよ?もうすごくおっきくなってるね..」

俺「は、はい..」

急にキスをされ舌まで入れられた。この時点で初チューは美魔女とはいえ、45歳のBBA(俺のおかん48歳)ということが俺の人物の1ページに刻まれる。
61:2017/03/18(土) 14:23:05.44 ID:Dzupirvr.net
散々お姉さんの舌ベロを味わったあと、俺は服を全部脱がされすっぱだがでベッドに寝かされる。

俺(ドキドキドキドキ..)

女「なめていい?」

俺「あ、は、はい..」
62:2017/03/18(土) 14:25:19.44 ID:Dzupirvr.net
女「ペロペロペロペロ..」

俺「うっ..」

女「いたくない?大丈夫?」

俺「は、はい大丈夫です..」

人生初フェ○をされたわけだが、痛きもちいいというかすごく幸せだった
63:2017/03/18(土) 14:25:38.09 ID:EczG0ONN.net
こないだ社会人1年目で初彼女と童/貞処/女同士でラブラブえっちしてきた
67:2017/03/18(土) 14:32:21.11 ID:Dzupirvr.net
>>63
うらやましね
64:2017/03/18(土) 14:27:20.48 ID:Dzupirvr.net
女「たまもなめてあげるね」ジュポジュボペロペロジュボベロペロ

俺「あ、あ..」

女「気持ちいい?」

俺「はい、はい」(涙目)

女「まだ出したらダメだよ?」

俺「はい..」
65:2017/03/18(土) 14:29:44.19 ID:Dzupirvr.net
女「そろそろ私のもなめて」

俺「え?」

女「脱がせて..」

お姉さんのパンツをぎこちない感じで脱がしていく俺..

おマ○コさんはじめましてこんばんはニッコリ

女「どうしての?早くなめて?」
66:2017/03/18(土) 14:32:04.14 ID:Dzupirvr.net
正直他人の性器をなめるという行為に抵抗があったためためらいはしたが、お姉さんも俺の汚いち○ぽをくわえてなめてくれたわけだから、俺もヤるしかなかった。

俺「ペロペロペロペロ..」

マ○コは臭いという話をよく聞いていたが、びっくりするくらい無臭で逆に驚いてしまった。

女「あ、あん..」
68:2017/03/18(土) 14:34:31.17 ID:Dzupirvr.net
俺「ペロペロべろべろ」

女「あぁ、気持ちいい..」

童/貞の俺がんばれ!

俺「ぴちゃぴちゃぺろぺろ」

女「はぁ、はぁ..」

俺「気持ちいいですか?」

女「うん、、、」
69:2017/03/18(土) 14:35:37.62 ID:EczG0ONN.net
擬音具合がなんとなく水木しげるを彷彿とさせる
70:2017/03/18(土) 14:37:52.80 ID:Dzupirvr.net
そして...とうとうこの時がきた..
童/貞の卒業の瞬間だ..

お姉さんは言った..「ねぇ?そろそろいれて?」

俺「は、はい」

俺は騎上位を希望し仰向けに寝転がる。

そしてお姉さんは俺の上にまたがる

お姉さんは自分のマ○コに俺のち○こを入れようとする..

が、その時だった..
71:2017/03/18(土) 14:38:40.43 ID:qj/y+5oj.net
ドキドキ
72:2017/03/18(土) 14:40:14.64 ID:61bq2qoz.net
惹きつける文章力だな
73:2017/03/18(土) 14:41:31.80 ID:Dzupirvr.net
俺「あのぉおおおおおお!!!ちょっといいっすかぁあああああー!!」

まさかの咆哮..急に叫び出す俺


女「!!!」

俺「はぁ、はぁ、ゼェゼェ」

女「え?え?なに!なに..」

俺「おれぇええー実はドウテイなんすけどぉおおおおー! ここでやっちまったらぁあああ なんかダメな気が掏るんすぅうううー!!!」

女「!?!?..??」
74:2017/03/18(土) 14:42:25.66 ID:EczG0ONN.net
!?!?..??
75:2017/03/18(土) 14:42:47.69 ID:lKvwW9m6.net
ワロタ
76:2017/03/18(土) 14:43:08.74 ID:vjB3Ct1f.net
77:2017/03/18(土) 14:43:57.17 ID:Dzupirvr.net
女「なにいってんのよ..」

にゅぷ..


ち○ことおマ○コこんばんはー!!!


俺氏..童/貞卒業!!!!
78:2017/03/18(土) 14:44:39.56 ID:RcoqgRIG.net
クソワロタw
79:2017/03/18(土) 14:44:53.97 ID:4eTZu4R6.net
80:2017/03/18(土) 14:45:03.56 ID:NbztzzCV.net
擬音草不可避
81:2017/03/18(土) 14:45:25.34 ID:W3m1a9M1.net
別に大事にするもんでもないだろww
82:2017/03/18(土) 14:46:51.01 ID:Dzupirvr.net
俺「!!!」

女「入っちゃったね..」

俺涙ポロポロ..

俺(おマ○コってこんなにあったかいんだ....)
83:2017/03/18(土) 14:47:37.45 ID:UnfGSf7z.net
美魔女と生とか羨ましすぎやろ
84:2017/03/18(土) 14:49:53.83 ID:Dzupirvr.net
女「なんとなく童/貞かなって思ってたよ..」

俺「えぇええええーバレてたんすかぁあああああー!」

パンパンパンパンパンパン

俺「あ、あ、気持ちいいあっかい..」
87:2017/03/18(土) 15:02:27.18 ID:Dzupirvr.net
女「はぁ、はぁ」

俺「うわああぁああああああ」

女「いく、いくもっとしたから突き上げて」

俺「うわああぁああああああ~」

女「外に出して..」

俺「あっ」ドピュピュ

中に出しちゃった
88:2017/03/18(土) 15:06:00.45 ID:Dzupirvr.net
俺「す、すみません..中に出しちゃいましたよね..?」

女「うん、まあいいんだよ」

俺はティッシュでお姉さんのおマ○コと俺のち○こを綺麗にふきとった

女「俺君ドウテイだったんだね...」

射/精したことにより冷静になっている俺..

俺「そうですね..いや、違いますよ。あなたでたった今卒業したじゃないですか..僕はドウテイじゃありません..」

女「そうだね..」
89:2017/03/18(土) 15:06:47.87 ID:F8PMHSUt.net
俺「うわああぁああああああ」

俺「うわああぁああああああ~」


ワロタ
91:2017/03/18(土) 15:09:01.04 ID:Dzupirvr.net
女「2回戦もいっちゃう?」

俺「あ、はい是非..」

女「うん..」

俺「あの..ひとつうかがってもいいですか?」

女「どうしたの?」

俺「いや、これはなんとなく俺が思ったことなんですけど..」

女「」
92:2017/03/18(土) 15:11:16.59 ID:Dzupirvr.net
俺「ついさっきまで童/貞だった俺の勘なんてアテにならないと思いますが、おねえさん本当に結婚してるんですか?」

女「!!!」

俺「なんとなくほんとに旦那さんいるのかなって思っちゃいまして..」

女「」
93:2017/03/18(土) 15:13:05.83 ID:Dzupirvr.net
女「なんでそう思うの?」

男「いや理由なんてないです。ただの直感です。間違ってたらごめんなさい。すみません。」

女「ふぅ~」
 
大きなため息をつくお姉さん
103:2017/03/18(土) 16:05:02.21 ID:Dzupirvr.net
女「バレちゃったか...そうだよね..私男なんだから旦那なんているわけないよ。」

俺「!?!?....!!!..??」

女「ごめんね..なんか騙して..」

俺「え、えっと..つまりそれは..」

女「」
104:2017/03/18(土) 16:08:01.64 ID:Dzupirvr.net
俺「つまりそれはち/んち/んとったってことなんすかぁああぁああああ!」

女「うん..」

俺「じゃあ、じゃあぼれは、、..ドウテイ卒業してないってことになるんすよねぇえええぇええ~~!!!」

女「それはあなたの考え次第。私はそうは思わない。」

俺「とりあえずどう話を整理していいかわからないんですけどぉおおおーー!!!」

女「うん」

俺「冷静になってる場合じゃないでしょおおおおおー!!!」
105:2017/03/18(土) 16:10:16.79 ID:Dzupirvr.net
俺「童/貞の俺に偽物のマ○コか本物かなんてわかるわけないでしょおおお!だって比較しようがないからあああああーー!!!」

女「そうだね」

俺「よくわからないけど2回戦はじめましょおおおよおおー!!!!」

女「うん」
110:2017/03/18(土) 16:33:37.69 ID:BA0yVYz/.net
カバちゃんかよ
109:2017/03/18(土) 16:26:42.19 ID:58/Mdpgn.net
ヒドイオチだな
もう少し面白く出来んかったんか?

ドアからヤクザが入って来て乱闘になるとか....
112:2017/03/18(土) 16:45:01.41 ID:rJTmId2n.net
これはひどい
111:2017/03/18(土) 16:42:03.33 ID:3pdVfdAS.net
戻って来て一気に読んだらドイヒーな事になってたわ
114:2017/03/18(土) 18:15:38.23 ID:r0sgdKs0.net
45歳でお姉さんって表現ありえねえもん
こいつアラフォーのおっさんじゃね?
118:2017/03/18(土) 19:26:21.88 ID:b2XLuJU1.net
オネエさんでしたってオチのためだろ
120:2017/03/18(土) 21:34:15.67 ID:58/Mdpgn.net
>>118
それは言わない約束
121:2017/03/18(土) 22:07:42.31 ID:euQkxOKm.net
>>118
あーなるほど、そういうことか。
125:2017/03/19(日) 09:56:31.19 ID:YJ19DphO.net
1失踪wwwww


引用元