1: 2018/01/27(土)05:22:08 ID:jBB
眠れないので

m8213

 
3: 2018/01/27(土)05:27:12 ID:jBB
昔の話になるが
当時、中学校の時俺はは少し地味なグループに所属しており
彼女もほしいし高校デビューをしてやろうと思っていた

 
4: 2018/01/27(土)05:30:26 ID:jBB
それもあってか高校1年生の時には初めての彼女ができた
しかし、恋愛なんて初めてで関係は長くは続かなかった
高校の時は付き合い別れるそんな事が何度か続いた

 
5: 2018/01/27(土)05:32:08 ID:jBB
やがて卒業して理系の専門学校へと進学した
理系だから女子が少ないだろうと覚悟していたが想像以上だった
比率だと10:1くらい

 
6: 2018/01/27(土)05:34:30 ID:jBB
そんな環境に飲まれつつ気の合う男友達とバカばっかりやっているうちに
4年間なんてあっという間に過ぎた

ちなみに俺は当時色々とあって(ここは割愛)就職はせずにフリーターになった

 
7: 2018/01/27(土)05:39:04 ID:jBB
何年もフリーターをやってるうち次第に俺の幼馴染にも同棲・結婚の話をするヤツが出てきた
当然、仲間内で飲みに行くと仕事の話題にもなるし劣等感がすごかった

 
8: 2018/01/27(土)05:41:14 ID:jBB
今思えば週3-4日バイトやってあとは遊んだりと、ほんとなまけた生活をしてたw

 
9: 2018/01/27(土)05:43:42 ID:jBB
そんな中、予想外の所から転機が訪れる
専門学校時代の奴から久しぶりに連絡がきて
友人「お前今仕事なにしてる?」
俺「ん~、まだフリーターのままだよ」
友人「俺の前の会社の人が人材探してるんだけどどう?」
俺「マジ?」

 
10: 2018/01/27(土)05:46:34 ID:jBB
これは自分でもいいチャンスだと思い、そりゃ不安もあったが頼んでみることにした
久しぶりにアルバイト向けではなガチの履歴書を作り(しんどかった)
久しぶりにスーツを着て(ぎりぎりウエスト入った)
そしていざ面接

 
12: 2018/01/27(土)05:52:18 ID:Xoe
>>9
>>10
良かったな…

 
11: 2018/01/27(土)05:50:47 ID:jBB
ちなみにこの時俺は26歳で4年ほどぷー太郎してたわけだが
面接では当然フリーター期間の事を質問された

そこは絶対に質問にくると予想していたので、考えていた内容でうまく切り替えした
そんなこんなで面接終わる、俺は緊張したりでもう汗だく

 
12: 2018/01/27(土)05:52:18 ID:Xoe
>>11
頑張ったな…

 
13: 2018/01/27(土)05:52:38 ID:jBB
>>12
ありがとう

 
14: 2018/01/27(土)05:53:32 ID:jBB
そんなこんなで、当然面接の結果は帰ってくる
ほんとメール開くのが怖かった
例えるなら高校のときに初めて告白のメール送って返信きたとき?
そんな感じだった

 
15: 2018/01/27(土)05:56:19 ID:jBB
そして結果はまさかの採用通知
当然、うれしさもあったが4年間もぬるま湯に浸かっていた俺だ仕事をきちんとやっていけるかという不安もあった。

 
16: 2018/01/27(土)06:00:17 ID:jBB
俺の入った会社は通っていた専門学校と同じ分野なのでその点は気楽に構えていた
しかし、それが甘かった・・・4年間でだいぶ技術は変わっていた
数年のブランクと新しい技術に対応するのはそりゃ大変だった

 
17: 2018/01/27(土)06:03:19 ID:jBB
自社で少し実務を行いながら研修みたいなのを2-3ヶ月やっていた
そんな中、なんていうか業界内でも色々な分野があるけど
その中で自分のやりたいことが見えてきたっていうのかな?

 
18: 2018/01/27(土)06:07:47 ID:jBB
しかし、その俺の「やりたい事」の自社案件は今ないし社内の案件もなくなったので
自社の取引先の会社の中に入って仕事することになった(この手のは業界的に多いんだが・・・文章下手でスマン)

 
19: 2018/01/27(土)06:08:51 ID:jBB
イメージ的には会社でプロジェクト立ち上がる

メンバーが必要

協力会社から人を集める

みたいなイメージ

 
20: 2018/01/27(土)06:11:47 ID:jBB
んで、いきなり客先に放り込まれた俺
そりゃもう不安だった
おまけに今まで触れたこと技術や工程をやらされる
そんなので当然俺のパフォーマンスは高くない
自社からはパフォーマンスが悪いとクレームになっているとグチグチ言われる
この辺から自社に対して不信感が出てきた

 
21: 2018/01/27(土)06:13:30 ID:jBB
毎日を精一杯頑張りなんとか毎日踏ん張った
ある日、お客さんの所に新卒の女の子が入ってきた

 
22: 2018/01/27(土)06:15:35 ID:jBB
ひと目みた瞬間にどストライクだった
けど、まぁなんていうか関係としてはお客さんの会社の新卒の女の子
ずっと気になっているまま数ヶ月たった

 
23: 2018/01/27(土)06:18:56 ID:jBB
とある日、会社の飲み会がありその子が俺の隣の席になった
かなり飲んで(お酒の勢いにまかせた感じで覚えていない)がLINEを交換した
それからその子とはLINEで他愛ない雑談などやっていた

 
24: 2018/01/27(土)06:22:49 ID:jBB
その会話の中で少し前に彼氏と別れたという情報も得た俺は食事に誘った
色々リサーチして普段いかないようなオシャレなお店を探すのは苦労した・・・w
食事後、夜も遅い時間になりかけていたので、その子を送っていくことにした

 
25: 2018/01/27(土)06:27:00 ID:jBB
その子が一人暮らししている町の駅につき一緒に改札を出た所で
俺「駅前のベンチに座って少し話をしない?」
徐々に話を恋愛関係のネタにもっていった所で、もう言ってしまえと俺は思った
覚悟を決めたら簡単だった。
俺「初めて見た時から一目惚れした、付き合ってほしい」

 
26: 2018/01/27(土)06:29:43 ID:jBB
相手(以後A子とする)もLINE交換したあたりからそんな気はしてたらしく
A子「告白早いねww」
俺「引き伸ばすよりいいかなってw」

 
27: 2018/01/27(土)06:32:15 ID:jBB
A子「う~ん、まだ心の整理がついてないの」
俺「というと元カレ?」
A子「うん」

ここで少し沈黙

俺「俺はちょっと年上だし、責任もってA子を守っていく」
A子「うん・・・」
俺「それでもダメかな?」
A子「少し時間をください」
俺「うん、わかった」

 
28: 2018/01/27(土)06:34:01 ID:jBB
この時点で時計をみると24時超えており俺が完全に終電を逃す
おまけにその日は日曜日で翌日は月曜日で平日だった

 
29: 2018/01/27(土)06:36:12 ID:jBB
ここで俺は一か八か聞いてみることにした
俺「やべっ、終電ないwww」
A子「えっ!どうするの?」
俺「タクシーで俺の家までいくと1万くらいいく距離・・・」
A子「www」
俺「う~ん、泊めてもらえる?w」

 
30: 2018/01/27(土)06:37:19 ID:jBB
A子「別にいいよw」
俺「マジで?(まじかよぉぉぉぉ)」

 
31: 2018/01/27(土)06:39:35 ID:jBB
家に到着、入るのほんとに緊張した
俺「おじゃましまーす」
A子「汚いけどねw」
俺「俺の部屋よりだいぶマシw」
A子「てか、明日平日だけどスーツどうするの?」
俺「始発で家帰る・・・」

 
32: 2018/01/27(土)06:41:04 ID:jBB
もうこの時点で結構いい時間だったのですぐに寝ることにした
当然、布団は別々で工ッチもしてない

 
33: 2018/01/27(土)06:42:28 ID:jBB
そしてすぐ眠りに落ちた
朝早くに目覚ましで起きて自分の家に行き着替えて仕事は本当につらかった

 
34: 2018/01/27(土)06:43:53 ID:jBB
その日の夜にLINEにて
俺「次の土曜日くらいに答えも聞きたいし、また家に遊びにいってもいい?」
A子「いいよw」

 
35: 2018/01/27(土)06:46:10 ID:jBB
そして、土曜日の夜にA子の家に遊びにいった
テレビを見ながら雑談したりお互い趣味の話をしていた
その時に俺はある物を見つけてしまった、それはコンド〇ムの箱だった
正直ショック?だった少し会話に集中できないほどに

 
36: 2018/01/27(土)06:48:17 ID:jBB
その時、俺は自分でも驚くほど嫉妬心が芽生えてきた
俺「この前の答えでた?」
A子「う~ん、やっぱりよくわかんない・・・」
俺「・・・」沈黙

 
37: 2018/01/27(土)06:50:23 ID:jBB
俺「俺は絶対にA子の事幸せにする守る」
A子「元彼もそういってて浮気して乗り換えたし、そんなことわかんないよ・・・」
俺「俺はそんなサイテーな奴じゃない」
A子「でも本当に好きだったんだよ・・・」

 
38: 2018/01/27(土)06:51:11 ID:jBB
そんな会話をしているといい時間だった
俺「今日も泊まっていっていい」
A子「うん、いいよ」

 
39: 2018/01/27(土)06:54:13 ID:jBB
俺「一緒の布団で寝ていい?w」
A子「いいよw」
そして消灯、前回と違うのは一緒の布団の中でいる事だ
シングルの布団に二人で入っているから密着しているわけで、
ぶっちゃけ落ち着く所か眠気がくる気配すらない。
そんな暗闇の中、雑談を始める

 
40: 2018/01/27(土)06:55:42 ID:jBB
俺「俺めっちゃ嫉妬深いかも・・・A子とキスしたい」
A子「・・・する?」
俺「いいの?」
A子「いいよw」

 
41: 2018/01/27(土)06:58:03 ID:jBB
A子とキスをしたぶっちゃけやばいくらいに興奮した
けど本気で一目惚れした子だったのでかなり緊張もした
短くて長いようなキス終わったあとに
A子「舌いれなくていーの?」
やべ、めちゃくちゃかわいいじゃねーか。。。

 
42: 2018/01/27(土)06:59:26 ID:jBB
俺はその瞬間口を塞いで舌をねじ込んだ
1回目のキスより長く何度も何度も

 
43: 2018/01/27(土)07:01:04 ID:jBB
俺の頭は色々な事が駆け巡った
A子が好きすぎる事
元彼ともしてたんだろう、そしてこの先の行為も

 
44: 2018/01/27(土)07:02:36 ID:jBB
俺「やべ、俺かなり嫉妬深いかも」
A子「え?」
俺「元彼とこの先の事もしてたとか考えた」
A子「あーなるほど」
俺「していい?」
A子「うん」
俺「!!」

 
45: 2018/01/27(土)07:04:31 ID:jBB
その瞬間もう我慢できずに手をパンツの中に入れて触った
A子のその状態でもう大洪水だった
A子の服を脱がし、こちらも脱ぎゴムつけて準備完了
もう濡れ濡れだったのでそのまま我慢できずに突っ込んだ

 
46: 2018/01/27(土)07:07:12 ID:jBB
その瞬間に快楽と征服感のようなものが芽生えた
でも挿.入.後ば妙に頭が落ち着きはじめて逆に色々考え初めた
この嫉妬?征服感はフリーター時代の劣等感からきてるのかなーとかw

 
47: 2018/01/27(土)07:08:38 ID:jBB
考えたそれがいけなかった
A子としてるのに全くイケない・・・

 
48: 2018/01/27(土)07:10:36 ID:jBB
結局その時はイケないまま終わった
俺「A子好きすぎてちょっと緊張したのかなw」
A子「え~不能ですかw」
俺「ちゃうわww」

 
49: 2018/01/27(土)07:17:43 ID:jBB
お互い服を着て

俺「で、付き合ってくれる?」
A子「まだムリw」

それから二人の関係は中途半端なまま日々は流れてゆく
俺は相変わらず仕事場ではやったことない内容ばかり評判はあがらなかった

ある日またA子の家に遊びにいくとその場雰囲気で1ヶ月ぶりくらの2回め工ッチを初めた
そして2回目は俺もだいぶ落ち着いておりちゃんとイケることができた。

A子「一緒にお風呂入ろっか♪」
俺「(くっ・・・かわいいじゃねーか・・・)」

お風呂あがりに

俺「遅いしもう泊まっていくわー」
A子「うん、わかったー」
俺「で、そろそろ付き合ってくれる」
A子「えーまだムリ」

ここで少し違和感を覚え始めた、なぜ正式にOKしてもらえないだろうかと

 
50: 2018/01/27(土)07:28:32 ID:jBB
普段これまでもA子との会話ややり取りで俺は色々と振り回されてる事が多々あった。
そこで俺はフリーター時代ふらふら遊んでいた時に本気で心配し俺に怒ってくれた幼馴染(以下、B君)がいた
B君も恋愛には苦労しており、その時には結婚することが決まっていた

俺はB君に事を相談した

B君「俺はA子の事を知らないから聞いた話から推測すると
   元彼の事が吹っ切れていなくて別れた寂しさを俺君で紛らわせてる感じがする」
B君「俺君にはつらいこと言うがキープみたいなものじゃない?理想の彼氏さんが現れるまでの。」

俺は薄々感じていた普段の態度や細かい言動などから

俺「やっぱりそうなのかな」
B君「このままズルズルいっても俺君のメンタルがやられていくだけやで、俺は諦めたほうがいいと思う」

 
51: 2018/01/27(土)07:34:40 ID:jBB
そしてナイスタイミングというか・・・
B君の相談の後すぐに俺は客先から別の客先に移動することになった。
原因はやっぱりパフォーマンスが悪いからとの事だった。

翌月から新しい客先の会社で働くことになった
A子の顔が見れなくなったのは、吹っ切るにはいいチャンスだがやはり寂しかった

そして良くない事は立て続けに起こるというか・・・
この次の現場がめちゃくちゃひどい環境だった
結果的にいうと1ヶ月の試用期間がありエース級の人材じゃないと即切り捨て。
そして残業は毎日23時までというブラックだった。

 
52: 2018/01/27(土)07:36:03 ID:jBB
そんな残業でストレスの貯まる日々の中
ふと俺はA子にLINEを送った

俺「そろそろ付き合ってくれる?w」
A子「ごめんなさい、好きな人できました」

 
53: 2018/01/27(土)07:37:42 ID:jBB
この時の心情を表すとなんていうか・・・
自分が足元から崩れていくような、悲しいとかいう感情以前になにも考えれなくなった。

 
54: 2018/01/27(土)07:39:19 ID:jBB
それから仕事でのストレスもあり
夜は眠れない、肌荒れ、食事は喉を通らない(お腹が空かないって初めての経験だった)
体重は2週間で2-3キロくらい落ちた

 
55: 2018/01/27(土)07:46:37 ID:jBB
そんな俺を見かねたB君がよく俺と遊んでいたC君・D君に声をかけて飲みに誘ってくれた。

C君「Bから聞いたけどお前悪い女にひっかかったんだって?www」
俺「うるせーよwwお前も彼女と別れたんだって?」
C君「いやぁ~子どもできてたからより戻して結婚する」
俺「は???え??おめでとう?w」
D君「俺君はまだ頑張ったと思う、俺なんて好きな人には彼氏がいて俺は見ている事しかできていない。
  そんな俺よりすごい、だからちゃんといい彼女できるよ」
俺「うん、ありがとう」

ほんと友達っていいよな。この歳になってありがたさがわかった瞬間だった。こいつらとは一生の付き合いだと

 
56: 2018/01/27(土)07:51:21 ID:jBB
それでもストレスや最近のムリな生活で俺の身体はだいぶ限界がきていたようで
当然、体調が悪くなり仕事を休むことが多々あった(それでも1ヶ月間で3回ほど)
仕事内容もパフォーマンスは普通だったが、上でかいたようにエース級しか残さない為この客先での勤務1ヶ月で終了となった。

 
57: 2018/01/27(土)07:53:39 ID:jBB
この月が本当に大変だった。
状況を説明しても自社からは「1ヶ月で終了したのはお前のせいだ、反省文書いて提出しろ」
この時点でこの会社にも見切りがついた瞬間だった。

 
58: 2018/01/27(土)07:58:45 ID:jBB
俺は反省文という名の退職届を下記叩きつけた

会社「わかった、このまま言っても来月に俺君は会議で話あって
   たぶん懲戒解雇されたと思うからこっちのほうがよかったね」
俺「は、はぁ~・・・?」


退社処理を午前中すませて、その日の午後にはもう既に候補に上げていた次の会社の面接を入れていた
1ヶ月くらい就活もせずに遊ぼうっていう選択肢がなかった時点で本当に成長したもんだと思ったw

 
59: 2018/01/27(土)08:01:49 ID:jBB
履歴書も前回とは比べ物にならないくらいのスキルや経歴を書けた。
そして、次の会社の面接が始まる

面接官「ふむふむ、なるほど。」
面接官「今お勤めの会社はいつ頃お辞めになられる予定ですか?」
俺「今日の午前中に退社届出してきました!」
面接官「wwwwwwwwwwwww」

 
60: 2018/01/27(土)08:05:01 ID:jBB
面接官「では、結果はまた後日メールでお送りいたします」
俺「本日はお忙しい中ありがとうございました」

面接受けたのがほんとに月末の最終営業日だった
そして翌月になりふと気がついた。


今 日 か ら 仕 事 い か な く て い い

 
61: 2018/01/27(土)08:08:07 ID:jBB
といってもいきなりだと暇すぎてやることがない。
俺は電話を取りかつてのバイト先へ

俺「あ、お久しぶりです。人足りてない時間あれば今月限定で働かしてくれません?」
店長「えっ?仕事は?w」
俺「やめましたwwww」
店長「ええええw」
店長「わかりました、とりままた連絡するw」
俺「はーい」

というわけで、この月は就活しつつの1ヶ月限定フリーターになりました。

 
62: 2018/01/27(土)08:12:30 ID:jBB
案外早いもので電話した2日後にはバイトに出ることになりました。
そしていざ、久しぶりのバイトで新鮮さの中働いていると、どうも身体がおかしい。
骨が軋むような痛みがある、そしてまっすぐに立っていられない。

同僚「俺君、顔色やばいよ?」
俺「え?」

 
63: 2018/01/27(土)08:14:19 ID:jBB
どんどん悪くなる体調、なんとかフラフラで勤務時間を終え家に帰り体温を測る。

 3 8 . 9

俺「まじかよぉぉぉぉぉ」

 
64: 2018/01/27(土)08:16:44 ID:jBB
そりゃ身体の節々が痛いわけですわ・・・
翌日からもう身動きできないくらいに体調が悪化し中々回復しない。
前月の負担が一気に出たのかなと思いおとなしく療養しました。
そんな中メールを確認したら月末に面接した会社の採用通知が届き少し元気でる。

 
65: 2018/01/27(土)08:19:47 ID:jBB
結局1週間くらいは寝込んでおり、採用通知書や条件を見たのはそれからだった。
結果的にいうと次の会社はかなり俺を高く評価してくれており、給与面も前の会社からすると数万円あがっていた。
特に気になることもないので、ぜひ御社で働かせてくださいと返信

まぁここから入社手続きやらなんやらやって翌月からの入社となりました。

 
66: 2018/01/27(土)08:22:58 ID:jBB
そして、俺の歓迎会が開かれました。

隣のテーブルに凄くタイプの女の子がいました。

俺「(いやいや、数ヶ月前に女で痛い目みたばかりだろう)」
俺「(いや、でもめっちゃ可愛くない?)」
俺「(俺、痛い目みたのにこりてねーwww)」

 
67: 2018/01/27(土)08:25:13 ID:jBB
飲み会の終わり、面接官をしていた上司に

俺「あの子、若くないです?歳いくつなんです?」
面接官「あぁ、一番若いよ。18歳ww」
俺「えっ?www」

 
68: 2018/01/27(土)08:31:15 ID:jBB
それから数ヶ月後まで進展はなくわかったのは俺と趣味の共通点が多いってことだった。
数ヶ月後の飲み会でその子(以下、E子)とはLINEを交換することができた。

前回痛い目見たのに懲りない俺はLINEで

俺「明日暇だったら、この前、話していたのに行ってみない?」(今思えば手が早いなぁ・・・)
E子「いいですよ!」

 
69: 2018/01/27(土)08:34:29 ID:jBB
翌日、年齢が一回りも違う女の子とデートすることになった。

色々、繁華街を練り歩き色々な話しをした。

夜になり歩き疲れた俺達はベンチに座り喋り始める

そして・・・

俺「LINE交換したときから察してたかもしれないけど・・・好きだ付き合ってほしい」
E子「うん、そんな気はしてた。私でいいんですか?」
俺「うん」

 
70: 2018/01/27(土)08:35:13 ID:jBB
約10年ぶりに正式な彼女ができた瞬間だった

 
71: 2018/01/27(土)08:39:15 ID:jBB
そして10ヶ月後・・・(眠くなったのではしょります。)
人生というものは想像つかないことだらけで今はもうE子は彼女ではなくなりました。

今は俺の妻として一緒の家で二人で生活しています。

 


引用元